されど偽りの日々2

うつ病の自分の戯れ言…拙い文章ですが、
生暖かい目で見て下さいよろしくお願いします。


趣味の歴史【三国志】
洋楽【ほぼすべてのジャンル聴きます】

など時には゛緑と赤の毒゛吐きますが宜しくお願いいたします!基本ネガです。

※うつ歴2年、休職期間中に復職するも、休職期間満了もって退職。

現在、主夫状態(;゚ロ゚)

独子、攻我無永…得事失事無



こんばんは。




暑さに負けて冷たい物を欲して、

腹がダウンヒルです(T_T)






さて私が好きな三国志の人物

【曹植】の代表的な詩です。



父の曹操は兼ねてから曹植を後継ぎにしようとしていたが、周りに説得され

兄の曹丕が跡目に、その確執があり、魏の皇帝になった曹丕がむちゃぶりをし、7歩歩く間に作れ!出来なければ死罪と脅しますが、あっという間に作り詠み上げる、それを聞きその後の考えを改めたというような感じです。




煮豆燃豆

豆在釜中泣

本是同根生

相煎何太急



豆を煮る豆がらを燃く

豆は釜の中で音をたてる

元は同じ根より生まれるのに

なぜ異なる行為なのか悲しい




※同じ兄弟なのになんでこんなに苛めるのかという詩。




ですがこれは私には解りかねます、

私は兄弟は無く、同時では珍しい一人っ子です。



現在でも珍しいのではないでしょうか?

というのも、子ども達の幼稚園の時、小学生になった今、子どもの同級生の家庭は一人っ子が少なく、2人より3人兄弟とかも凄く多いです。



それでも少子化なのですから、私の住んでいる所がたまたま多いだけなのですかね?



私は兄弟無く攻められる事も無く過ごしました、

勿論、その過程で得られる事も有るはずありません。




なので子どもは兄弟で居させたく思いました。

毎日喧嘩ばかりですが、何かをするために利害が一致した時は凄まじい息の合わせ方です。




フューーーーーージョンみたいです!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。