されど偽りの日々2

うつ病の自分の戯れ言…拙い文章ですが、
生暖かい目で見て下さいよろしくお願いします。


趣味の歴史【三国志】
洋楽【ほぼすべてのジャンル聴きます】

など時には゛緑と赤の毒゛吐きますが宜しくお願いいたします!基本ネガです。

※うつ歴2年、休職期間中に復職するも、休職期間満了もって退職。

現在、主夫状態(;゚ロ゚)

三国志その後……。

さてさて、

諸葛孔明、

曹操、

孫権の争いは、

魏の司馬仲達により、三国時代は終わりを見せます…。




さて現代ではこの子孫たちはどんな生活をしているのでしょうか?



まず孔明の子孫たちは

「諸葛村」という村で一族がまとまって暮らしている模様ですよ。

村の中は迷路みたいになっているそうです。




曹操の子孫たちは…。

よくわかりません…。

というのも、三国志の世界では最近では曹操主人公の話しはありますが、

曹操は悪役が多くあり誰もあまり子孫を名乗らないみたいです(-_-;)


曹操のおかげで「孫子の兵法」が

今の世にあるのに、少し残念ですね。



さて孫権の子孫はというと…。

これまた質素な暮らしをしています。ラケットを作ったりして生計を立てているそうです。



ここでびっくりですが、三国志の各国の王よりも、その前の時代からの豪族



魏は筍イク(ジュンイク)の一族


呉の国では周ユ(シュウユ)

     陸遜(リクソン)の一族は



現代でも、議員の方が居るそうです

やはり名声と金と人脈(コネ)が物言う世界なのかな…。



番外編でチョウロという人物。

三国志では五斗米道(ごとべいどう)という宗教団体がありました。

現代では正一教(セイイツキョウ)という団体を子孫が行っているそうです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。